面接で緊張を解くためには

新卒での面接を思い出してください。

面接で緊張を解くためには

面接官を出迎える準備を

新卒での面接を思い出してください。会議室などに面接官がいて、そこにノックして入る、というケースが多いのではないでしょうか。ここが転職では違います。転職面接は通常、業務の合間に行われます。応募者が、面接する部屋に先に通され、仕事に片をつけた面接官があとからあらわれることが多いです。「面接官があとから登場」という状況を想定しておらず、うろたえてしまう応募者は案外多く、面接官が入ってきたら、スッと立ち上がりハキハキと挨拶してください。

面接官は開始から数分で応募者のイメージを作ってしまうこともあるので、「第一印象」とても大切です。面接官は会っていきなりマナーがなっていないと「この応募者は教育されていないのかな」と想像してしまいます。面接官が入室してきたときに、立ち上がりもしなければ「ビジネスマナーが身についていない⇒電話の受け答えから教える必要があるかも」と連想してしまうことも。マナーばかり気にして、質疑応答の準備をおろそかにしては駄目ですが、最低限のビジネスマナーは習得しておくべきです。

第一印象をよくするコツは、まず受け付けに行った瞬間から気持ちをビジネスモードに切り替え、元気よく挨拶すること。面接中はそれに加え、しっかりゆっくり話すようにします。

Copyright (C)2017面接で緊張を解くためには.All rights reserved.