面接で緊張を解くためには

転職面接では、多くの人が「答えづらい」と感じる質問があります。

面接で緊張を解くためには

面接で答えづらい質問の正体

転職面接では、多くの人が「答えづらい」と感じる質問があります。その「答えづらい」と感じる質問の正体は何でしょうか。それは、答える側(応募者)の弱みを突くような質問です。例えば、第二新卒者の応募者は「すぐ辞めた」ことに対して、負い目を感じやすいもの。そこに「せっかく入った会社をなぜそんなに早く辞めてしまったのですか」と聞かれると答えに困ってしまいます。

答えに詰まる質問をうまく切り返すコツは、辛かった経験を「糧」と受け止めること。その経験を未来の行動につながる「きっかけ」として活用します。逆に悪い印象を与えやすいのが「会社がひどかった」「上司が悪かった」などと人のせいにしてしまうこと。たとえそれが事実でも、言葉を重ねるほど言い訳がましく聞こえます。ただし、印象のよくない過去も嘘よりはマシ。「過去の失敗を忘れ去りたい」「面接で失敗談は話したくない」などと考える応募者は多いようですが、面接官は「社内で問題を起こす人物ではないか」「失敗を生かしているか」などを確認するために、あえてそこを突いてきます。ときどき事実をねじ曲げて、嘘でかわそうとする人もいますが、これは絶対駄目。どんなにほかの質問にうまく答えられても、嘘がバレれば不採用の決定的な理由となります。

Copyright (C)2017面接で緊張を解くためには.All rights reserved.