面接で緊張を解くためには

面接でどうしても緊張してしまいうまくいかない人は、まず自分なりの緊張の解き方をマスターすることが重要です。

面接で緊張を解くためには

面接で緊張を解くためには

面接でどうしても緊張してしまいうまくいかない人は、まず自分なりの緊張の解き方をマスターすることが重要です。初めから緊張しない人なんていません。スポーツ選手もメンタルトレーニングを行っています。プロでもそうした緊張への対策をしなければ、いい成績は残せないということです。

まず身につけたいのが、緊張を解くためのおまじないです。何でもかまいません。手のひらに3回「人」という文字を書いて食べるというのでも有効です。自分なりの落ち着く方法を探すようにします。それでは緊張は解けないという人は、事前に本番さながらの練習をしておきます。練習だからと気を抜いてするのではダメです。本当に面接官に質問を受けている状態を再現するなどして、本番と同じようにリハーサルします。そのためには想像することが大切です。できるだけリアルに想像してください。

何をやっても緊張してしまう場合、最後の手段として自分を違う人だと思い込んで挑むのも一つの方法があります。好きな漫画のキャラクターでもいいですし、芸能人でもかまいません。自分は堂々とすることができるような人だと自分に言い聞かせ、その人になりきることで緊張が解けることもあります。

Copyright (C)2017面接で緊張を解くためには.All rights reserved.